グルコサミンで辛い膝の痛みを治そう|苦しさから解き放たれる

血液を健やかに

サプリ

日本人の食生活

現代の日本人は、昔と比較して肉を食べる機会が多くなり、血液検査などで中性脂肪やコレステロールが異常値を示す人も多いのではないでしょうか。厚生労働省は、DHA・EPAをはじめとするオメガ3系列の脂肪酸を、一日に1g以上摂取することを推奨しています。食材では、青魚に中性脂肪や悪玉コレステロール(LDL)を減らしてくれるDHA・EPAが豊富に含まれています。しかし、食の欧米化が進んだ日本では、調理やゴミの後片付けが面倒な青魚を毎日食べることは難しいと思われます。そこで、栄養を手軽に摂取できるサプリが注目されています。DHA・EPAのサプリは、中性脂肪を減らし、(悪玉コレステロールが血管の壁に吸収され、血管の壁が厚くなる事で起こる)動脈硬化を防いでくれるそうです。そして、サプリを摂取すると、血小板凝集を抑制する効果で血液をサラサラにし、血管内での流れを良くする事が期待できます。その為、血栓が出来にくくなり、脳梗塞や心筋梗塞も防いでくれるそうです。

血小板凝集抑制効果

DHA・EPAのサプリを比較すると、DHAには脳を活性化させる働きがあると言われています。DHAは脳に多く含まれる成分ですが、EPAは脳関門を通過出来ないからだそうです。DHA・EPA共にコレステロールや中性脂肪を低下させる効果が期待できますが、比較するとコレステロールにはDHA、中性脂肪にはEPAの方が効力を発揮するそうです。また、血小板凝集抑制効果(心筋梗塞、虚血性心疾患等の予防)には、男性ではEPA、女性ではDHAのサプリの方が、比較的効果が期待できます。気をつける点としては、サプリで一日に3g以上摂取すると副作用が起こることもあるそうです。血小板凝集を抑制しすぎると、血液が固まりにくいため、かさぶたが出来にくくなります。そうなった場合、出血が通常よりも比較的多くなる可能性があります。しかし、サプリメントの摂取目安量を守っていれば、全く問題ありません。